デーデルライン桿菌と膣からの分泌物

膣の臭いの原因について

デリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性は多いのですが、その原因についてしっかり知っておくと対策しやすくなるでしょう。まず膣内環境の悪化による分泌液の臭いというものが挙げられます。膣内には乳酸菌の一種であるデーデルライン桿菌が存在しており、このデーデルライン桿菌が糖グリコーゲンを餌にして酸を出しています。そして、デーデルライン桿菌の出す酸からはチーズのような臭いがします。膣内が健康な状態であればこの臭いはそれほど気にならないのですが、デーデルライン桿菌が減少して雑菌が繁殖してしまうことにより、臭いが強くなってしまうこともあります。また、膣内を清潔にしているつもりでも汚れをしっかりと落としきれていないこともあります。膣内は尿やおりものなどの分泌物による汚れが溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境です。溜まった汚れに雑菌が繁殖することにより、生臭い臭いが発生してしまうということです。また、免疫力が低下いている時には細菌性膣炎になってしまうこともあるので注意しましょう。また、デリケートゾーンから強い臭いがするという場合、性病の可能性もあるので早めに検査を受けるのがおすすめです。

更年期に起こる膣の症状

更年期になると女性ホルモンの分泌が低下し、外陰や腟、子宮などの生殖器に変化が出てきます。また、皮下のコラーゲンや脂肪の減少、水分保持力が低下することで肌が乾燥しやすくなります。腟は狭くなって腟壁は薄くなり、弾力性を失ってしまいますし、腟からの分泌物の量も減少します。腟内は温かく湿っており、雑菌の増殖に適してた場所となっています。また、閉経期に女性ホルモンが減少するとデーデルライン桿菌も減少してしまうため、自浄作用が低下してしまいますし、それによって細菌に感染しやすくなります。このように女性ホルモンの欠乏に伴う腟炎を老人性腟炎と呼んでいます。細菌感染によって腟からの分泌物は黄色っぽく、悪臭を放つ場合もあります。また、腟壁からの出血が起こりやすくなますし、性器出血が起きてしまうこともあるのですが、他の病気や排尿困難、尿失禁などを伴うこともあるので注意しましょう。さらに、腟壁からの潤滑液が減少することで性交痛が起こってしまうこともあります。性交痛には身体的な原因と精神的な原因の二つがあり、性生活を遠ざけてしまうことがあるでしょう。女性ホルモンの減少が原因であるため、それを補充することが治療となります。

Comments are closed.